Weblog/ぼうけんブログ

観光は広いエリアと広い視点で

2013/02/06

#01 アルプスぼうけん組楽部


P1140037

伊那路・木曽路広域観光連携会議「懇談会」に参加してきました。
場所は信州伊那セミナーハウス
行政、民間企業など様々な人が集まりました。

個々の観光施設、個々の自治体で観光に力を入れても
お客さんが来ないこのご時世
大きな枠でとらえましょう
伊那路木曽路連携してこの大きなエリアに観光客を呼びましょう
といったところでしょうか
まだまだ始まったばかりのこの広域観光
今回のテーマはインバウンド
さらに大きな視点
外国のお客様に伊那路木曽路に来てもらおう
そのためには何が!という会

まずはじめに
松本大学佐藤教授の講演

P1140045

猫の映像は今回の講演とは全く関係ありません

外国からのお客様誘致の事はさておき
いろんな視点考え方を改めて再認識しました

利用客の視点に立つ!自己満足で終わっていないか!?
ゲートウェイを利用しな!自分とこががんばっても限界がある!
ターゲット層を考えろ!
伝える中身が大事!今は「生活」
旅行者がやっていることとやりたいことは違う!コンテンツを作るべし!住民の意見をもっと聞け!
などなど

P1140046

 

P1140052

講演会の後はパネルディスカッション

佐藤教授+
駒ケ根観光協会統括部長 今村さん
昼神温泉観光局社長 木下さん
妻籠観光協会事務局長 藤原さん

個々でもいろいろお話が聞けました
特に木下さんの話は刺激的でした

日本人も来ないのに外国人を呼ぶのはどうなの!?
観光客のたった4%(外国人)のためにお金を使うのも・・・
まずは日本人がこの場所に来たいと思う中身をつくるべし
ネットなどのツールに頼っているようではダメ
売りたいものと売れるものがわかってない

P1140054

パネルディスカッションのあとは懇親会

P1140063

今回はメディア関係者も参加
名刺交換をしながらいろいろ情報交換をしました

いろんな方々の出会え
情報を得られ
また情報を発信できたことは
よかったと思います

ただ
まだまだ
伊那路木曽路広域で観光を考えるには
いろんな課題があるとも感じた会でした

P1140066